2017.03.10

3月になって・・

3月です。
今年度、最後の月を迎えました。
振り返ると、あっという間の1年ですね。

そんな3月、幼稚園ではこんなことがありました。

3月になって・・


おひなまつりの際、各学年毎に、今年度最後の歌のプレゼントをしました。

子ども達が、先生と一緒になって練習に励んだ1年間。
どのように歌ったら、聴いてくれるみんなに心に届くのかを、先生同士で話し合ったり、時には子ども達に聞いてみたり・・・。

みんな、色々な思いを持ちながらこの日を迎えました。

3月になって・・

3月になって・・


聴き入る先生と子ども達。
年少さん、年中さん、年長さん。
どの学年の子ども達も、4月からの成長を感じる歌になり、聴き入ってしまいました。

子ども達の歌声は、本当に素晴らしいものです。



3年間、お世話になった年長さんへ、4月から新お兄さん・新お姉さんとなる年中さんからプレゼントがありました。

「今までありがとう。」
「僕たちもステキなお兄さん・お姉さんになるね。」

そんな気持ちを込めて、プラ板で作ったカーくん、モエちゃんのキーホルダーを渡しました。
(カーくん、モエちゃんは、幼稚園のキャラクターです!)
すると、年長さんからはお返しにバッチをつけてもらいました。

3月になって・・

3月になって・・

3月になって・・

3月になって・・


年長さん、幼稚園のこと、いつまでも忘れないでね。

3月になって・・

3月になって・・


幼稚園の回廊には、先生方の顔が描かれた絵が飾ってあります。
これは、年長さんが書いてくれた絵です。
この時期がきたのだな~・・・。と実感する私達です。

3月になって・・

3月になって・・


年長さん、卒園まであと少しです。
毎日、元気に登園して来てね。



鴨江幼稚園「子どもたちの様子(コスモス通信)」その他の記事はこちらからどうぞ。